読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出会う前に起こった私の試練 ~Jimmy Cliff - Many Rivers To Cross~

好きな人と出会う前に起こった辛い過去

 

■2014年 夏

父が他界。

 

私にとってはあまりに急な死だった

少し前まで普通に生活し車も運転していたのに・・・

急に具合が悪くなって入院して10日後。

逝ってしまったね。。。

 

■2014年 秋

旦那さんが蒸発。

 

私には8年近く同棲していた年下の恋人が居ました。

結婚を視野に入れた付き合いでお互いの家族も認めてくれてた付き合い

結婚したい気持ちを伝えに1人で父に挨拶にも行ってくれてました。

 

でも私の意や状況から父が他界する時はまだ入籍前だった

それでも父の葬儀には身内として参列し

色々と手伝ってくれた。

 

喪中に入籍っていうのは好ましくない事はわかっていたけど

父に安心して欲しい、夫婦として見送りたいという気持ちで49日内に入籍した。

その二ヵ月後・・・

「行ってらっしゃい」

いつものように旦那さんを見送り実家で用事を済ませて帰宅。

帰宅してる時間にも関わらず部屋は真っ暗

携帯を鳴らしても電源が入ってないのアナウンス

嫌な予感の末に充電器の抜かれた携帯を家中で見つけた

未送信のメールを見て彼が自分の意思で出て行った事を知った。

メール作成時間は私が帰宅する15分前だった。

15分早く帰宅していれば今は無かったんだろうな・・・

 

旦那さんは消息不明の行方不明

私は孤独な既婚者となった。

 

■2014年 冬

生活困窮。

 

貧困な暮らしをしていたから貯金なんてなかった

テーブルの上に残されたお金はたったの3万円。

光熱費や限られた食費でお金は直ぐに底をついた

蒸発された事、誰にも知られたくなかった

誰とも話したくなかった

食べる事もままならなかったけど誰にも頼りたくなかった

最低限の連絡事項以外は電話も出ず誰とも会わず過ごした。

 

独りのクリスマス

独りの年越し

カーテンを開ける気にもならず

電気をつける気にもならず

一日中、暗い部屋で過ごした。

ひたすら泣き続けるわけでもなく

何も考える事も出来なかった。

 

ろくに食べる事も出来ず体重はみるみる減り

光熱費も払えずガスが止まる

料金が払えずネットが止まる

もう直ぐ電気も止まる、携帯も止まる。

このままでは猫の餌も買えなくなる

働かなきゃ。

そう思っても活動する交通費さえなかった。

 

今までも生きている事さえ嫌だ

そう思った辛い事もたくさんあった。

でも本当のドン底ってものを始めて経験したのかもしれない・・・

 

■2015年 春

お金。

 

どうしよう

働かなきゃ・・・

動きたくない・・・

誰とも会いたくない・・・

お金がない・・・

 

哀しんでる場合じゃない。

泣いてる場合じゃない。

でも動くお金がない。

頭の中はそればかりになった

 

そんな八方塞だった時

どうしても実家に行かなくてはならない事がある。

行きたくない。。。

そう思っても行かなければならない状況に久々に実家に向かった。

 

3カ月近く家に引きこもっていた私は10kg体重が減っていた

普段、人前で泣かない私の涙。

困った時でも人に頼る事をしないようにしてきた私を気遣って

簡単にお金を借りれない性格を知ってる兄は日雇いで仕事手伝ってくれない?

と提案してくれた。

 

兄の仕事を手伝うために毎日実家に通い

仕事が終わったらお風呂を借り、ネットで職探し。

そして電気もガスもネットも携帯も止まった家に寝に返る。

寒さをしのげるように掛け布団を屋根にした布団の中に丸まる愛猫を人肌で暖め

抱いて寝るの生活。

 

1ヶ月と期間が限られた仕事内容から纏まった金額は得られない。

手伝いの合間に職探し、最低限の食事をしながら暮らしている私に

「お前が色んな事耐えて頑張ってるのを言わなくても分かってるから頼ってくれば答えるよ」

私がお金を借りやすいように兄は言ってくれた。

 

■2015年 春

仕事。

 

仕事の手伝いも終える頃何社か面接を受けられた

有難い事に最初に行った会社からその日に採用の連絡が入った。

その日の午後に行った面接でもその場で

採用したいけどキツイ仕事だから働きたいと思ったら連絡下さいと言われていた。

次の日にも面接を控えてる。

 

ホントはどれも苦手な職種だったから普段なら応募なんてしない仕事。

状況から日払いや週払いでないと通えない・・・

贅沢言ってる場合じゃない

あれが嫌だこれが嫌だなんて言ってられない

直ぐにでも収入を得たい

中では一番条件も待遇も良かった所の採用。

流れに身を任せるしかない・・・

 

仕事は決まった。

けれど週払いで入るまでお金がもたない・・・

携帯も止まってる。

悩んだ末に兄に交通費と最低限のお金を借りた。

 

父とは離婚して再婚している母に仕事が決まった事を報告すると

自分で何とかするからとお金を借りなかった母夫婦から

「携帯代金にしなさい」とお金と食材が入った荷物が届いた。

お陰で携帯も繋げる事が出来た。

 

身内の優しさと有難さに感謝し

出勤前に実家で入浴し、水道水をペットボトルに入れ

母の送ってくれた食材でおにぎりを作って持参した。

 

週払いで初めて得られたお給料で電気とガスを再開することが出来た。

 

Jimmy Cliff - Many Rivers To Cross

youtu.be