読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

表と裏。~Anita Baker - Sweet Love~

投稿のコメントで知り合った私達。

サイト以外のLINEで話す事がメインになっても

お互いの投稿した曲にコメントを残す事は続けていた。

 

コメントで知り合ってメッセージをするようになって

急速に仲良くなった私達には表と裏の姿がある。

 

ある日

「こっちでは❤で会話したりしてるのに

コメントでは他人行儀で何か笑っちゃうね」

と彼は楽しそうに言った。

 

私達はお互いルールも約束もしていないのに

コメント欄では知り合った頃と同じように

敬語でやり取りしていた。

 

私はね

ずっと言えなかったけど・・・

 

他の人とはふざけたり○○ちゃんと親しげにやり取りしてるのに

私には○○さんと呼びずっと敬語・・・

私はそれが寂しくて気になってたんだ。。。

 

私がずっと年上だから?

私みたいな年上と仲良くしている事を

恥ずかしくて人に知られたくないから?

他の人とも裏で私以上に仲良くしてるの?

私は悲観的に捕らえていた。

 

「笑っちゃうよね。

コメントでは私にはずっと敬語だよね~」

 

悲観的に捕らえていた寂しさを素直に出せず

気軽を装って言ってみた。

 

「敬語の事ね。

それには意味があってそうしてるんだよ!

前にブログを書いていた時に

会った事も、特別な間柄でもないのに

コメント欄で仲良くしてた人が

他の人に攻撃された事があったんだ。

それが原因でその人は鬱ぎみになっちゃった事があって

責任を感じた事があったんだ。」

 

私も今までそうゆう嫌がらせやいざこざを何度も見た事がある。

 

「だから万が一、○○ちゃんが他の人から

そうゆう攻撃をされないように念のため

敢えて敬語でコメントしてるんだよ!」

 

そんな気遣いや優しさで守ろうとしてくれてたんだ・・・

 

「だから、逆に親しげに話してる他の人達には

何とも思ってないって証拠。

敬語にしちゃっててゴメンネ。」

 

知らなかった・・・

年上の私と仲良くしてるのを隠したいと思ってるのかな?

ってずっと気になってた事。

そんな配慮をしてくれてたなんて気付かなかった。

 

私に伝えることなく守ろうとしてくれていた彼の気遣い

喜びでいっぱいになった。

 

Anita Baker - Sweet Love

youtu.be

K'Jon - I'll Never Forget

K'Jon - I'll Never Forget 2009年

私は決してあなたを忘れないだろう。。。

 

youtu.be

Billy Ocean - There'll Be Sad Songs (To Make You Cry)

 1986年 Billy Ocean - There'll Be Sad Songs (To Make You Cry)

 

ある曲を聴くと昔の彼の事を思い出して泣いてしまう女性

そんな彼女を好きになった男性の気持ちを歌った曲みたいです。

 

君を泣かせる悲しい曲

その悲しい曲が別の誰かの心に触れて

君に愛してると言わせるんだ

君が僕に愛を捧げてくれるようになるまで

君を気にかけ待ち続ける

僕がそう想う相手は君だけだよ

 

そんなような歌詞みたいです。

歌詞の内容がわからなくても聴いているだけで想いにふける。。。 

 

youtu.be

形のない支え。~Monica - Angel Of Mine~

彼は私に

「優しいよね」

何度もそう言ってくれた。

 

違うよ

私が優しいんじゃないよ

優しいと思ってくれるのは

 

それはね

あなたが優しい人だからなんだよ。

 

あなたが優しい人だから

あなたの優しさをくれるから

 

私はあなたに優しい気持ちになれる

 

私を優しいと思ってくれるのはね

あなたが優しい人だからなんだよ。

 

あなたが思いやってくるから

私はあなたの心配をしたくなる

あなたに愛情を注ぎたくなる

私の心が暖かくなる

 

私が優しい気持ちで居られるのは

あなたが優しいって事なんだよ

 

Monica - Angel Of Mine

youtu.be

ありがとう。 ~Amanda Perez - Candy Kisses~

 私は夜間労働者。

夜起きて午後に寝る

 今のご時世、同じような生活スタイルの人も沢山居る

それでも朝起きて夜寝るのが一般的な世の中だ。

 

皆と同じタイミングで

おはよう。おやすみ。

と言葉を交わすことも出来ない

 

当然、気軽に人と会ったり

仕事終わりに誰かとお酒や食事に行く事もない。

その上 平日休みでは人と会うことだってろくになくなる。

 

そんな生活をしていると

職場以外では声を発する事もなくなる

そんな孤独な時間が私の当たり前の生活だった。

 

それはメールやチャットさえも。

 

朝からお仕事してる人にとっては

夜帰宅して 食事して 入浴して

それから寝るまでメールをする人が多いもの。

 

彼も同じ。

朝起きて夜寝る生活スタイル。

当然私たちは通常ではリアルタイムにやり取りも出来ない。

 

私が起きる頃に彼は仕事を終える

私の勤務開始頃に彼はくつろぐ時間に入る

彼が眠る頃に私は休憩

私が帰宅する頃に彼は勤務開始。

 

見事に真逆な生活スタイルだった。

 

ある日、気が付いた。

私が深夜の休憩時間に彼は私と交流するために

起きてくれてた。

 

お互い大人だから相手が完全に寝てると思われる時間帯に返事はしない

それでも話したいからまだ起きてるかもしれないと思える時間には返事をしてた。

ある日 私が深夜の休憩に「寝てたらごめんね」と言葉を添えて返事をした

すぐに返事がなかったから寝てるんだと思ったら

送信してから一時間後

「ごめんね、寝ちゃってた。もう休憩終わっちゃったかな?」

そう返事が返ってきた。

 

私の休憩時間は仮眠も出来るように2時間ある。

でも、プレッシャーや寝つきの悪いタイプだから眠る事はほとんどない。

休憩時間はいつも1人

携帯で音楽を聴いたりゲームするくらいしか暇つぶしが出来なかった。

 

そんな私を気遣ってくれてたのか彼は毎日、私の休憩時間に合わせて

起きてくれていたんだと思う。

時には今日は眠くてどうしようもないから眠ってしまうかもしれない

時には知らない間に寝ちゃってた。と泣き顔の顔文字を添えてくれる

仮眠時間なのに寝なくて平気なの?と心配してくれる

貴重な休憩時間なのにメールさせちゃってごめんねと言ってくれる

そうやって毎日毎日

眠れずに1人で過ごす私を気遣ってくれて

深夜にも関わらず2時間彼は話し相手になってくれた。

 

そして私が勤務終了する頃に「おはよう」とメールしてくれて

午後に私が眠りにつくまで仕事の合間に話し相手になってくれた。

 

「ごめんね寝ちゃってた」

「ごめんね会議で返事遅れちゃった」

「ごめんね会食だから○時まで返事出来ない」

 

彼はいつも返事出来ない時に謝りの言葉を添えてくれる。

 

違うよ。

 

あなたが無理してくれるから

あなたが合わせようとしてくれるから

あなたが2人の時間に努力してくれるから

 

私は孤独を感じずに居られるんだよ。

私はあなたの優しさで支えてもらってるんだよ。

 だから謝ったりしないで・・・

ありがとう。

その気持ちでいっぱいなんだよ

いつもいつも感謝してるんだよ

 

Amanda Perez - Candy Kisses

youtu.be

 

大好きって言いたいのに・・・ ~Faith Evans - Never Gonna Let You Go~

今まではお互いの事、聞かなくても自然と知る事が出来た。

けど好きな気持ちが芽生えると

相手のどんな小さな事でも知りたくなるもの。

「今日は何して過ごすの?」

「今何してる?」

「何処に出掛けてるの?」

お互い質問が増えた。

 

話す内容も文章もまるで恋人同士みたい

ハートの絵文字を使うようになったり

LOVESONGを送ったり

ヤキモチ妬いたり

お互いの色々な事に気にかけたり

気持ちを表した。

 

でも・・・

言えないんだ。

聞けないんだ。

 

私たちは恋人同士じゃないから・・・

 

「好き」って言えない。

「好き?」って聞けない。

 

今度あそこから見える所に行こうか

一緒にドライブ行ったらこうしようね

そんな話もした

多分お互い何かに期待を抱いていたんだと思う。

 

でもお互い大人だから

お互い自分に自信がなくて臆病だから

お互い照れ屋だから

 

会った事もないから。。。

 

好き。

たった2文字をお互い使えないでいた・・・

 

Faith Evans - Never Gonna Let You Go

youtu.be

似てる二人 ~Jason Mraz & Colbie Caillat - Lucky~

似てる所。

それはどんな相手にでも少なからずあると思う。

だから凄い特別だと最初は思っていなかった。

 

けど、特別な感情などなかった相手と

育った環境や過去に近隣に住んで居た事があったり

音楽の趣味が似ていて話が盛り上がって教え合ったり

話していくと「凄い偶然だね」と思う事が沢山あって

誰にでもある事とは思えなくなっていった。

 

会った事もない者同士だから似てるなんて分からない。

そう思う人がほとんだろう。

そう思うのが当たり前。

文字だけの付き合いで分かる事はお互いの話す内容でしかないから。

 

文字だけの付き合いで一目瞭然で分かるのは文章。

LINEで会話するって短文やスタンプを利用して

ちょこちょこやり取りする人が多い

 

けど私たちは違う。

絵文字や顔文字はお互い使うけど

どちらもスタンプはほとんど使わない

毎回スクロールしないと読みきれないほどお互い長文

リアルタイムで会話していても一言二言で終わることなんてない

お互い話の区切りで行間を空ける

この共通点って意外と居るようで居ない。

内容を読ませた事はないけど友人に文章の長さを見せたら

LINEでこんな長文のやり取りしてる人達見たことない

って言われた。

でも彼も私もそれが普通で自然の事。

 

音楽を好きになった理由も似てる。

お互い子供の頃、1人で過ごす時間が多かった

家で1人で過ごす時、いつも音楽を聴いてた

彼はお母さんの持っていたCD

私はラジオ

音楽を好きになるきっかけがちょっと似てる。

 

お互い外では面白い事言って人を笑わせたりおちゃらけている

けど人前では見せる事はないが実は涙もろい。

他にも考え方や共感できる事がちょこちょこあるから話が合う。

 

こじつけ。

そう言われたらそれまでかもしれない。

似てるとは言えない程、真逆な面もある。

 

お互い寂しがり屋だけど

彼は1人で居る時間も必要だと思えて1人の時間も嫌いじゃない

遠距離恋愛も平気と自立した人。

英語も話せるし 学歴も職歴も高い経歴。

 

私は1人の時間が苦手で1人で出掛ける事さえもろくに出来ない。

好きな人とはいつも一緒に居たくて遠距離恋愛なんて多分無理・・・

低学歴に手に職もなく一般的に誇れる経歴などない。

 

真逆な面だけを見れば出会う事さえも

仲良くなる事もなかっただろうと思える。

 でもお互い似ている所や共通点が多かったから

きっと仲良くなれたんだと思う。

 

そして

年齢や暮らす環境からしたら出会う確立は

低いと思える彼と仲良くなれたのは

顔も年齢も知らないまま共通の趣味で知り合えたからだと思う。

 

私と出会ってくれて

ありがとう。

 

Jason Mraz & Colbie Caillat - Lucky

youtu.be