不思議な出来事

さよならを言ったのは私。

 

私はあなたが大好きだった。

さよならなんてしたくなかった。

 

でも

あなたに幸せになって欲しい

あの時わたしは素直にそう思ってたんだ。

だから躊躇することなく

誤解を解く事もせず

さよならを言えた。

 

もちろん泣いたよ・・・

だって誰より大切で

誰より大好きなあなただったから。

 

でも、会えない辛さ

気持ちが伝えられない辛さ

色んな辛さも抱えてたから

少し楽になった自分も居た。

 

朝までぐっすり眠れないのが日常のあなた

わたしは何よりあなたがゆっくり眠れる安心した日々を過ごして欲しかった。

それが私の元でなくても・・・

でも、私にはそのチャンスさえ巡ってこない。

そう思わされた。

だから私はあなたの幸せのために去らなければならないと思った。

 

本当はね

私の側で

私の存在で

私の隣で

グッスリ眠れる日々を過ごして欲しかった。。。

 

でもあの時のわたしは

自分の幸せより

あなたの幸せを素直に願ってた。

 

だから毎日毎日泣いたりなんかしなかったよ

ただ抜け殻のようにあなたの居ない日々を過ごしてた。

 

あなたと離れてから1ヶ月

友達がクリスマス近いからイルミネーション見に東京タワーに行きたい

って誘ってくれた。

お昼食べて、少しお茶でもしてから東京タワーに行こう!

そう予定してお茶してた。

 

そしたら友達が急に足が痛くて歩くのが辛いって言うから

東京タワーは諦めて夕飯までここでお茶して静かに過ごそうって事になった。

 

何気ない話をしてのんびり過ごしてたら

え!

目の前の入り口にあなたに似た人が入ってきた。

女性と一緒でその人はちょっと私に似た顔立ちで年上っぽい女性だった。

 

似てる!

でも彼ではない。

雰囲気がとても似てる。

 

その人達は少しお茶して短時間でお店を出て行った。

似てるだけなのにチラチラ見てしまったり

似てるだけなのに私は動揺してしまってた。

 

1ヶ月前

あなたとさよならしてから私の生活には不思議な出来事が

何度も起きてたんだ。

 

お風呂に入ってぼーっと湯船に浸かり

あなたの事を考えてた

「ドンッ!」

お風呂のドアが叩かれたように音がする。

 「ん?何だろ?」

初めて鳴った時はそのくらいにしか思ってなかった。

 

お風呂に入ってる時だけ。

お風呂に入るとその音がする日が度々あった。

私は怖くもなくビックリする事もなく

彼かな?

って何の疑いもなく思ってた

今思うとちょっと危ない人みたいだけど・・・

でも不思議とそう思ってる自分がいて。

 

お風呂でのんびり浸かってる時だけ。

部屋に居ても

シャンプーしていても

体を洗っていても鳴らない。

湯船にのんびり浸かってる時だけドアを叩く音がする。

 

お風呂に入る度に叩く音がするから

試しに「○○君だったら叩いて」

そう心の中で言ってみた。

 

まさかそんな思いに答える訳ないよな・・・

そんなふうに思いながらボーっとしてたら

「ドンッ!」

今までにないくらい大きな音。

さすがに大きな音にビックリしたけど全く怖くはなかった

彼だと思えて私は号泣してた。

 

そんな不思議な現象が起きる日々を過ごしてた。

 

そして喫茶店で見かけた似た人

 

似てる人を見かけた3日後。

私達が出会ったSNSを何気なく覗きに行った。

 

いつも見ない所を何気なく見て

その中に1個だけ何故かとても引き寄せられる写真。

可愛い外人の男の子の画像。

よく見かけるような画像だった。

なのに私は数ある画像の中でその画像を見た瞬間に

「彼だ!」と何故か思った。

彼に関する画像でもないのに・・・

 

その画像の元を見に行ってみた。

 

あまり情報がなく彼かはわからなかった

でも何故か彼だと思った私は

気になって翌日もまた次の日も見に行ってみた。

 

まさか辞めてしまった彼が居るはずないよな・・・

そう思おうとする自分とは裏腹に

彼だと思ってる自分。

 

気になってその人の別のページを見てみたら

彼の好きだと言ってたものが書かれていたり

昨日はなかったのに彼の住んでる所のイルミネーションの写真がUPされてた。

 

でも確信がない。

 

また後日見に行って・・・

見慣れた彼の顔だ!

やっぱり彼だったんだ!

 

元気で居る事が知れて嬉しかった。

でも何故戻っているかも分からないし

さよならしたのに話しかける勇気なんてなかった・・・

 

そしてその人が彼だと思って毎日見に行ってると曲がUPされている。

その歌詞を調べてみると

 

一曲目は

夢の中で想う人を抱きしめ

抱きしめたい、この痛みが消えるまで抱きしめられたいと願う歌。

歌詞の中に「眠る君は僕のもの」

14時に合わない曲をUPしてるな

やっぱ違う人かな・・・って思った。

 

14時・・・

私がいつも彼におやすみを言ってた時間帯だ・・・

 

その後UPされた曲は

「俺達は終わった訳じゃないすれ違っただけ」

「一緒に居られないなら愛があったって意味がないじゃない」

「信じれば願いは叶う」

「もし君が運命の人だったら
 僕たちがここで出会うのも運命なんだ

 僕たちは幸せに老いていくんだ
 こんなの馬鹿げているのはわかってる
 だって僕は君の名前を知らないから

 でもわからないじゃないか、未来のことなんて」

 

日々UPされる曲は

別れた相手を想う曲ばかりだった。

 

そして

「君が僕のものなのか彼のものなのか
 どうやって僕は見分ければいいんだろう?」

そんな曲をUPしてた。

 

だから私は彼が私に向けて曲をUPしてくれてるんだと都合よく思い込み

勇気を出して

「あの時サヨナラも言わずに僕から離れて
 君の声が聞きたいから
 僕はここで君を待ち続けていたんだ

 僕は君を愛する覚悟は出来てるよ
 永遠にね
 ねぇ 君も永遠に僕を愛してよ」

そんな歌詞の曲をUPした。

 

その後に彼がUPした曲は

A Night to Rememberという曲。

「今はわかる、貴方といれば私に不安はないことが
 だから、私の愛を貴方に向けるの

 準備して、今夜
 この夜を忘れられないものにしましょう」

そんな離れた二人がまた再び愛し合う曲。

 

言葉は交わしてない

だから彼かは分からない。

 

でも私は導かれたように引き寄せられ

そしてあなただと思って

この曲がUPされた時

何度も何度も歌詞を見て

今までにないくらい彼を想って泣き続けた。

 

不思議な出来事。

引き寄せられるように導かれ。

 

離れていてもお互い想い合っていたのかもしれない

きっとそうだ。きっとそうなんだ。

そう思えて希望を抱いた。

 

でもあなたはまたサヨナラも言わず居なくなってしまった。

 

そして

彼と思われる人を見つけた日から

お風呂のドアを叩く音は鳴らなくなった。

 

 

 

 

 

 

 

運命の人

もしも

もしもこの世に

この宇宙に

運命の人が居るなら

あなたがいい。

 

毎日色んな人とすれ違って

知り合った人も居る

でも、

私はやっぱりあなたが良い。

あなたじゃなきゃ嫌なんだ・・・

 

あなたにさよならを言ったあの日から

もう二年半。

それでも私は毎日毎日孤独と戦いながら

朝から寝るまであなたの事を考えてる

 

なぜなの?

 

なぜ私はあなたを忘れられないんだろう。

 

今でも待ってる。

ずーっとあなたを待ってる・・・

 

あなたの記憶に

あなたの心に

あなたの生活に

私は少しでも存在できてるかな

 

もし私を想い出してくれる事があったら

もう一度私を見つけて欲しい

もう一度あなたの心に寄り添いたい。

 

 

哀しい女

思い出は少しずつ薄れる。

 

私はあなたの温もりも声も匂いも知らない

この身で覚えているのは並んだ文字だけ

その一文字一文字が

あなたの価値観が

私にかけてくれたたくさんの言葉が

あなたを表し私を支えてくれた。

 

その人から出てくる言葉の数々はその人を表すものだから

私にとっては大きく大事なものだった

でも、記憶の中だけだから少しずつ薄れてしまってる

 

なのに何故なんだろう。

 

もうあなたを想ってむせび泣く事もなくなるのかな

ちょっと寂しく思うくらい泣く日が減っていった。

でも私は今、またあなたを想って泣いている・・・

 

辛いからもう考えたくない

辛いからもう忘れたい

心の中で何度もさよならを言った

でも起きた時から寝るまで気付くとあなたの事を考えてる。

 

料理をしてる時も

お風呂に入ってる時も

TVを見ていても

音楽を聴いていても

どんな時も

 

気付くとあなたが頭の中に居る。

 

二年の月日も過ぎ

1人で過ごす日々に嫌気がさし新たな出会いも欲しいと思う時もある

でも、どんなに寂しくてもどんなに辛くても

他に出会いを求められない・・・

 

人でいっぱいになる電車

信号ですれ違う人々

行き交う車

 

いつもあなたを探してる・・・

 

切ないね。

でも私は今も泣きながらあなたを待っているんだ。

 

あなたは私の存在さえも忘れているかもしれないのに

あなたはもう他の誰かと幸せに暮らしているかもしれないのに

 

私だけ。

 

今もあなたとの思い出の中に暮らしてる。

 

哀しい女。

 

私について。愛猫との別れ。

神様って居るの?

もし居るなら私をいじめてるの?

それとも私の事は見えていないの?

 

どうしてこんなにも身近で大切な存在を次から次へと奪っていくの?

 

2017.1.13(金)17:20

愛猫が天国にいきました。

2016年8月に腫瘍があると診断され

手術も抗がん剤も難しく、治療法はないと・・・

 

何とかならないかと必死に色々検索して

癌に良いというサプリメントやビタミン剤を

4~5時間おきに飲ませたり

手作り食に切り替えたり

毎日毎日、嫌そうな顔しながらも

まずいサプリメントを一生懸命飲んでくれて

半年間、愛猫と一緒に癌と戦ってきました。

 

出会いは2010.10.10

カーテンを開けたらベランダに見知らぬ猫が居て

窓を開けたらニャーって可愛く寄ってきて

部屋に入って甘えてくれた。

それがてんちゃんとの出会いでした。

 

トイレも、缶詰の音も知っていたり

手で扉を開けたり、膝に座りたい時やお腹が空くと手でトントンと呼んでくれたり。

人間の食べているご飯を欲しくても横に座って

お利口に待っていたり、きっと飼われて居た子。

迷い子の張り紙などもなかったから一緒に暮らす事になったてんちゃん。

トイレやお風呂まで着いてきたり

私が出掛けるとドアの前でニャーニャー鳴いて寂しがってくれたり

呼べば渋々でもちゃんと来てくれる

寝る時は必ず私の隣。

出会った時は既に大人だったけど

聞き訳が良くて甘えん坊でとってもとっても可愛い子。

 

辛い時、いつでも傍で支えてくれた。

小さな体の温もりや寝息にどんだけ支えられたか・・・

私にとって大切な大切な存在でした。

 

サプリメントを飲ませてからは

みるみる食欲が増し、元気も出てきて

きっと治ると希望を捨てずに一緒に頑張ってきたけど

日に日に癌は進行し腫瘍が壊死して肉が剥がれ落ち

片頬の肉はほとんど無くなり

口の中が丸出しの状態にまでなり。

食も細くなって痩せこけてヨロヨロしながらもトイレまで着いてきたり

一生懸命食べようと最後まで本当に頑張ってくれました。

 

急変して便や尿を漏らし動けなくなってから亡くなるまで五時間

きっと意識も朦朧としていたはずなのに

じーっと私の顔を見て与える水やミルクを少しずつ飲んでくれた。

何度も呼吸が止まっても名前を呼ぶと必死に息を吹き返してくれて

もういいよって言わずには居られないほど

本当に本当に最後の最後まで頑張ってくれた。

最期は息が吸えなくなって苦しさはあったと思うけど

亡くなった顔はまるで寝ているかのように穏やかな顔でした。

 

2014年 父が亡くなり。

    元旦那さんが蒸発。

2015年 離婚。

2016年 支えてくれた大切な人を失い。

    30年来の友人と仲違いし縁が切れ。

2017年 我が子のように愛する愛猫も失った。

 

こんな短い間に毎年毎年大切な者を奪われて

この子だけは奪わないでと何度もお願いしたのに・・・

 

どうしてこんなに辛い思いをさせられるんだろ

こんなに辛い思いばかりしてまで生きてる意味があるのだろうかと

何度も思わされる。

たった独り残されたこの家で

動き出さなきゃ、前に進まなきゃ

頭ではわかってる。

でもなかなか気力がついてきてくれない。

哀しみと寂しさと不安でいっぱいでどう時間を過ごして良いかもわからない。

 

もしも生まれ変わる事があるなら

生まれ変わってもてんちゃんと出会いたい

でも、すぐに病気に気付いてあげられなかった

こんな私よりもっとちゃんとした人の元の所のほうが

てんちゃんにとって幸せだと思うから

生まれ変わったら私を選ばなくていいよ。

 

こんな辛い人生ならかぁちゃんはもう生まれ変わりたくない。

 

てんちゃん

かあちゃんと出会ってくれてありがとう。

6年間ずっと側で支えてくれてありがとう。

あなたは何一つ悪い事もしないで

とっても良い子でいれくれたね。

私にとって唯一の癒しで大切な命でした。

「ありがとう」そして「ごめんね」

大好きだよてんちゃん。

 

天国でたくさんお友達作って思いっきり走り回って

思う存分お友達と遊んでね。

 

ありがとう。

 

 

 

変化。 ~John Legend - Ordinary People~

「気軽にドライブとか期待させるような事言っちゃってごめんね。」

この言葉がどんな変化を生み出すか私は分かっていなかった。

 

でも、日に日に感じる変化・・・

 

私の焦りから生じた気まずい雰囲気を引きずりつつも

私達はいつものように朝から寝るまでたくさんやり取りした。

私は彼の「ゆっくり」という意思を大切にしなきゃと少し遠慮がちになり

彼は未来を感じるような事を言わなくなり

まるで恋人同士のようにやり取りしていた時間はなくなった。

 

話す内容や気遣ってくれる気持ちは前と変わらない。

でも彼の「期待させるような事言っちゃってごめんね」

その言葉の重みが凄く伝わる。

 

私が以前のように想う気持ちを出しても

彼の返答は前とは違う。

意図的にそうしてると感じるようになった。

 

そして気付いた。

以前は会話の節々に何度も私の名前が入っていたのに

文章の中に私の名前をみなくなった・・・

「○○ちゃんおはよう」

「○○ちゃんは大丈夫だった?」

といつも節々に名前が入っていたのに

「おはよう」

「大丈夫だった?」

以前のように私の名前はない。

 

意図的とも感じる彼の距離感が辛くて不安で。

 

独りで泣く時間がまた戻ってきた。

 

John Legend - Ordinary People

youtu.be

男心は難しい・・・ ~CORNEILLE - Too Much Of Everything~

泣いた。

自分だけが無視されてた

それが彼の気持ちなんだと。

シカトという返事・・・

 

「私シカトされてたんだね

気付かなくてメールしちゃってごめんなさい。

嫌な気分にさせてしまってごめんなさい

ブロックして下さい

しつこく連絡しちゃってごめんなさい」

 

連絡手段があると終わらせる事が出来なくて

シカトされても連絡しちゃいそうで・・・

シカトされ続けるくらいならブロックして欲しい。

そしたらきっとその内諦められる。

そう思ってブロックして下さいとLINEした。

 

きっとそんな連絡に返事もなくブロックされるんだろう・・・

 そんな思いにふけて泣き崩れる間もなく彼から直ぐに返事がきた。

 

「シカトなんかしてないよ!!!

ただ・・・

何て返事して良いか分からなかったんだ。

気まずくしちゃったのは俺だし・・・」

 

え?

気まずくしたのは私なのに。。。

 

「ドライブ行こうと言ってくれてたりしてたから

楽しみでつい私が暴走しちゃっただけ。。。

何も気にせず今まで通りで良いよ!

ただ、私達は文字での繋がりしかない。

連絡が途絶えたらそれは終わりを示す事

だから思った事をそのまま書いて伝えて欲しい。」

 

「暴走する気持ちは分かるよ。

ドライブとかこんなに早くじゃなくて

いつか、って思ってたけど。

こうゆうので会ったりする事に慣れてないから・・・

期待させるような事たくさん言っちゃってごめん。

ゆっくりで良いかな?」

 

そう。

彼が慎重な人だとは感じてた

気軽に会おうと言ったり

写真見たいとかも言わない

“ゆっくり”

彼の言うその言葉は彼らしかった。

 

そうゆう所も彼の魅力なのに

私が暴走してしまったんだ。

 

男の人って困ると黙っちゃう人が多い・・・

シカトされてブロックされて終わるんだろう

そう思ってたけど意外な返答で。

 

男心ってホント難しいな。

 

CORNEILLE - Too Much Of Everything

youtu.be

 

無視なんだね? Usher - Can U Help Me

忙しい人だし具合悪かったり寝てたり

色々な理由で返事が遅れる事は過去にもあった。

 

でもさすがにあの日をきっかけにとなると

鈍感な私だってわかるよ・・・

 

でも信じたかったんだ。

まだ終わってないって。

無視する人だなんて思えないから。

 

「具合でも悪いのかな?大丈夫かな?」

返事がないことに心配もしてまた連絡を入れてみた。

 

・・・返事はない。

 

忙しいんだろう

今日は返事なくても明日は来る

そう信じてた。

 

そう信じたくても不安でいっぱいで

彼の投稿をチェックしたり

落ち着かない数時間を過ごしてた。

 

違った。

 

彼から返事が来ないのは意図的だった・・・

 

彼は他の人へは返事してた。

彼宛に書かれたコメントへは返事してる。

 楽しそうに話してる・・・

 

私が連絡入れた時間より後の時間だ。

 

そうか私はシカトされてたんだね。。。

 

Usher - Can U Help Me

youtu.be